Manavi 高校入試問題工房 (2019年度版) 問題づくりのためのコンテンツ  part-6

Manavi 高校入試問題工房 (2019年度版) 問題づくりのためのコンテンツ  part-6

●「課題作文問題の出題分析・対策プリント」を作るには・・・

①Manavi国語を立ち上げます。ここでは、全都道府県から課題作文の問題を抽出します。
地域⇒選択しません。
「分野の選択」の項目を、表現⇒作文⇒課題作文と指定します。
「検索ボタン」をクリック。

最初の手順として、「分野の選択」(図:1 赤い丸囲み)一番上のボタンを押し、
「読解」を選択します。

Manavi .高校入試 課題文 分野の選択
(図:1)

②続いて、「分野の選択」ボタン上から2番目のボタンから、 「作文」を選択します。

Manavi 高校入試問題 課題文 作文 
(図:2)

③さらに「分野の選択」ボタン上の3番目のボタンから、 「課題作文」(図:3)を選択します。

Manavi 高校入試問題 課題作文 01
(図:3)

④上図③の「分野の選択」ボタンで、条件設定を満たしたら、次に検索ボタンをクリックします。すると、画面が以下(図:4)に切り替わり変わります。
 「課題作文」が出題された都道府県名と大問番号が左上ウインドウに表示されます。
上から順番に「お気に入り」に登録した後、
「自動編集」機能をクリックすると、「課題作文」問題がすべてWordで開かれます。

Manavi 高校入試問題 課題作文 02
(図:4)

⑤Wordの起動が完了すると、選択した問題が、上図(④: 図:4)「お気に入り登録」の順番に表示されます。
(ここは、青森県のファイルが一番目に表示されました。)。

当初の目的であるExcelで、出題分析表を作成するために、
青森県の問題から順番に「課題作文」のテーマの文字列を、マウスでドラッグ&コピーします。
図:5 赤い丸囲を内を範囲指定して、Excelの課題作文のテーマ項目にペーストします。

Manavi 高校入試問題 課題作文 03
(図:5)

⑤あらかじめExcelの表を、以下の項目で作成しておきます。
例えば項目名は、
C列⇒都道府県名:各都道府県名を入力
D列⇒設問分類:先生の主観による分類項目名を適宜入力する。
E列⇒テーマ:
F列⇒記述条件:設問に付随する但し書き、記述条件を入力。
G列⇒文字数:記述文字数を入力。
H列⇒配点:課題作文の配点を入力。
I列⇒採点基準もしくは解説:Manaviに収録されている解説または教育委員会提供の模範解答採点基準を入力します。

上図④(図:5)のWord上で、ドラッグ&コピーしたデータは、
以下の箇所(図:6 テーマ=赤い丸囲み)に ペースト(貼り付け)します。
こうして表作成に必要な県名の数の分だけ、くり返し項目の行を埋めながら作成(図:7)します。

Manavi 高校入試問題 課題作文 04
(図:6)
Manavi 高校入試問題 課題作文 05
(図:7)

main menuへ

manaviカテゴリの最新記事