Manavi 高校入試問題工房 (2019年度版) 問題づくりのためのコンテンツ  part-3

Manavi 高校入試問題工房 (2019年度版) 問題づくりのためのコンテンツ  part-3

●単語・語句を一括変換

*単語・語句・長文読解問題文中の人名などを別の単語に一括置換

Wordの検索索機能を使って英語の長文の文中にある指定の単語や語句、人名などを、
任意の単語へ一括で置換することができます。

①Manavi2004の初期画面の検索条件画面より、長文問題を抽出します。
抽出が終われば、Wordで表示されます。
ここでは、兵庫県大問5を参照例とします。
最初の手順として、「分野の選択」(図:1 赤い丸囲み)一番上のボタンを押し、
「読解」を選択します。

Maavi 高校入試問題 eigo検索
(図:1)

②続いて、2番目のボタン(図:2 赤い丸囲み)から、
「長文」を選択し、検索ボタン(図:2 赤いボタン)を押します。

Manavi 高校入試問題 eigo検索2
(図:2)

③検索を実行すると。画面が切り替わります。
検索結果の各都道府県県の問題の県名付きファィルリストが表示されます。ここでは、
リスト一覧から兵庫県をアクティブにし、「お気に入りに登録」(図:3 赤い丸囲み)のボタンを押します。
「お気に入り登録」が終われば、画面右側の自動編集をクリックします。
Wordが起動し、希望の問題がWord上に編集しやすい状態で、表示されます。

Manavi 高校入試問題 eigo検索3
(図:3)

以降、
●単元別小テストの作り方  ・・・例:英語・オリジナル発音問題集を作るには・・・

とWordによる同様の手順となります。詳細は同項目の⑥を参照してください。(ここでは省略します。)
 

④以下(図:4)は、自動編集後に表示された大問です。 (図:4 例:愛知県A:2004年度出題)
文章中のAkiko(赤文字の部分=ここでは置換したい文字を解説上の理由で、赤文字太字にして、あえて強調して示しています。) を、例えば Sayoに一括で置換します。
Wordのメニュー「編集」⇒「置換」(図:4)を選択します。

Manavi 高校入試問題 eigo検索4
(図:4)

④検索と置換のダイアローグが表示されたら、検索する文字を”Akiko”とし、置換後の文字列を”Sayo”と、それぞれ、図5のように、入力します。入力後、置換ボタンをクリックすると、以下(図:6)は、(図:7)に一括で、置換されます。

Manavi 高校入試問題 eigo検索5
(図:5)
Manavi 高校入試問題 eigo検索6
(図:6)

⑤以下の図:は置換の図:9は、変換後です。 

Manavi 高校入試問題 eigo検索7
(図:7)

main menuへ

作成術カテゴリの最新記事