Manavi 高校入試問題工房・プリント教材の問題作成と自動編集について

Manavi 高校入試問題工房・プリント教材の問題作成と自動編集について
Manavi 高校入試 2019banar

Manavi 高校入試問題工房のスゴイところ!

Manavi 高校入試問題工房 プリント教材作成の決定版です。Manavi 高校入試問題工房は、公立高校の入試問題などが、書き換え可能な編集可能なWordのデータとして収録されていること。 問題、解答記入欄、解答、解説をそれぞれ備えています。

プリント教材の問題作成を自由自在にする 2つの自動編集機能

Manavi 高校入試問題工房は、分野・単元別項目で検索が可能です。練習問題または例題の作成、模擬テストの作成など 文字通り、実践的な入試問題対策・プリント教材作成の決定版だということです。

Manavi 高校入試問題工房の自由度の高い編集機能について

自動編集機能のマクロ機能により、オリジナルの大問番号が表示順にしたがって自動的に書き換えられます。→ 問題を抽出した際、大問番号が重複していたり、順番が不ぞろいであっても、一瞬で書き換えられます。 (例: オリジナルの大問番号 [3][3][2][5]→ 自動編集後 [1][2][3][4]となります。)

自動編集1と自動編集2で、
採点の便宜性や解答合わせによる多様性が得られます

上記、画像は、Manavi 高校入試問題工房のTOP画面から、
任意の都道府県の問題を選択する第2画面です。

その自動編集1ボタンと自動編集2ボタンをさらに拡大した画面です。問題選択のプロセスは省きますが。ここでは、北海道、青森県、岩手県の地域から、それぞれの公立高校の問題の中から、大問を1題づつを抽出した設定とします。

つまり、
北海道の問題から、大問の「3」、
青森県の問題から、大問の「5」、
岩手県の問題から、大問の「3」を任意に選択したとします。
その上で、自動編集1と自動編集2のボタンを押した場合、

自動編集1と自動編集2では、問題作成の上で、どのような違いがあるのか。
     自動編集1の場合: 
   問題と解答記入欄を別けます。つまり、
   選択し再編したい問題を一連に表示し、印刷した場合にも、
   問題と解答記入欄を別けるという機能があります。
   
   「一連の問題」・「解答記入欄」・「解答」・「解説」の4部構成

   こちらをClickすると、実際の状態をWeb環境の都合によ
   あえてPDFに変換したものでご覧になれます。

Manavi 高校入試問題工房/自動編集2の場合: 
   各大問ごとに「解答記入欄」をセットにした表示、
   その印刷が可能になります。上記画像例の場合:大問は3題を
   選択しているので、

    「1番目の大問+解答記入欄」
    「2番目の大問+解答記入欄」
    「3番目の大問+解答記入欄」
     加えて、「解答」「解説」

   こちらをClickすると、実際の状態をWeb環境の都合により
   あえてPDFに変換したものでご覧になれます。

なお、 Manavi 高校入試問題工房 の自動編集は、オリジナルの大問の番号を、選択で並べた順番に、大問の番号を自動で書き換える機能があります。
つまり、この例では、以下のように、表示されるように選択しました。

  • 岩手県の問題は、オリジナルの大問の番号が「3」
  • 青森県の問題は、オリジナルの大問の番号が「5」
  • 北海道の問題は、オリジナルの大問の番号が「3」

でしたが、編集後の表示はそれぞれ、

  • 岩手県の問題は、オリジナルの大問の番号は「3」→「1」
  • 青森県の問題は、オリジナルの大問の番号は「5」→「2」
  • 北海道の問題は、オリジナルの大問の番号は「3」→「3」

と表示上または印刷上の書き換えがなされます。

Wordデータなので、修正や削除、書き足しなどができる

Manavi 高校入試問題 では、作成されたデータはWordデータですので、表現上やデータの改変を含め、必要に応じて任意に書き換えが可能です。しかも、先生方の独自性あるプリント教材作成が容易にできるソフトとして実践的な練習問題の作成にご使用になれます。

Manavi 高校入試問題工房は5教科の表示のされ方=イメージ(impression)

先生方にとって、manaviが実際にどのような感じで、manaviが、表示されるのかは、とても関心のあるところかと思います。実際に、各教科の表示のされ方のイメージを、ご紹介します。

なお、実際には、任意に編集可能なWordのデータですが。Web上では、先生方のさまざまなWordのバージョンや、OS環境に違いに、支障なくご覧いただきたいために、あえてここでは、PDFデータで表示されるようにしました。それぞれの教科の画像をClickすると、PDFデータで、表示されます。

 

 

Manavi 高校入試問題データベースの導入後の
ユーザーズマニュアルはこちらです。

高校入試問題カテゴリの最新記事