Manavi 高校入試問題工房 (2019年度版) 問題づくりのためのコンテンツ  part-8

●最近2年分の入試問題を使って
  正答率50%の問題をプリント教材にするには・・・

※このコンテンツを読み進む前に、前段の教育委員会のホームページから情報収集 「入学者選抜学力検査結果に関する調査」を利用した問題づくりを必ず参照してください。


①Manavi2004 英語を立ち上げ「入学者選抜学力検査結果に関する調 査」を参照し、該当する正答率50%の問題として選択した問題を検索。平成16年度の東京都の場合、大問3・大問4の2問題を抽出されます。

1、地域選択:東京都⇒検索ボタン
 2、分野の選択:ここでは不要。

Manavi 高校入試 正答率50a
(図:1)

②以下の図:1 左上ウィンドウに都立入試の全問題が表示されます。大問の東京_03をマウスでアクティブにすると、中央ウインドウに、各小問ごとの出題 形式、解答形式が表示されます。「お気に入り」(図:2 左下)に登録をします。

Manavi 高校入試 正答率50bb
(図:2)

③次に。②でしたと同じように、大問の東京_04を選択し、お気に入りに登録をします。登録を確認した上で、自動編集ボタンを押すと。Wordが起動し、②と③で選択した表示されます。

(図:3)

④以下図:4のように、東京都:大問3と大問4をそれぞれが表示されます(図3は、実際の表示の一部)。
自動編集され、終了したWordファイルを、一旦「最小化」ボタンをクリックして、「タスクバー」へ収めます。
次に Manavi2004英語を終了させて、CD-ROMドライブにManavi2003英語を挿入し、起動させるます。
上記①~③までの作業を繰り返します。平成15年度都立入試では大問4が正答率57.8%のため、東京都:大問4を抽出します。抽出したら、右上の Wordボタンをクリック。Wordファイルを開き、適宜ファイル名をつけてハードディスクに保存します。

Manavi 高校入試 正答率50d

⑤先 に作成した平成16年度都立入試問題の大問3・大問4のファイルを開き、大問4の2行下にカーソルを合わせる。メニューバー「挿入」⇒ファイルと選択し、 2003年度版を使って作成した「平成15年度_東京_大問4」のファイルを選択、「挿入」ボタンをクリックすると、「2003年度・東京大問4」が平成 16年度都立入試問題、大問4の後ろに挿入される。適宜、レイアウトを整えて完成です。サムプルはここにあります。

main menuへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする