Manavi 高校入試問題工房 (2019年度版) 問題づくりのためのコンテンツ  part-5

●頻出問題の出題形式と解答形式を調べる・・・

さまざまな解答形式でその対応に追われる長文読解問題の対策は、
出題が予測されるテーマの要旨について、事前に理解しておくことはきわめてに重要です。

Manaviシリーズでは、長文読解問題、会話文など大問単位だけでなく、 小問単位での問題分析を行うことがきます(小問単位での出題内容から設問形式、解答形式などの問題情報を簡単に分析することができます。)。

例えば、
長崎の英語の問題(2004年度)では、 「日記や手紙」をテーマにしたものが出題されています。

群馬県の(長文)読解では 「環境」をテーマにして、英問英答による解答形式が出題されました。
 このように解答形式は、問題そのものの難易度を左右する大切な要素となっており、問題づくりの核となる要素です。 そのため、解答形式については常に充分な注視を行わなければなりません。

 もう一つManaviシリーズの優れた点として、
観点別に問題分類することも効率よくできるので、 先生の独自評価基準にあわせた問題作成が思いのままになります。

以下、出題形式・解答形式を調べるための参照例を手順とともに紹介します。

①Manavi2004の初期画面の検索条件画面より、長文問題を抽出します。
抽出が終われば、Wordで表示されます。
ここでは、長崎県を参照例とします。
最初の手順として、「分野の選択」(図:1 赤い丸囲み)一番上のボタンを押し、
「読解」を選択します。

Manavi 高校入試問題 読解01
(図:1)

②続いて、「分野の選択」ボタン上から2番目のボタン(図:2 赤い丸囲み)から、
「長文」を選択し、検索ボタン(図:2 赤いボタン)を押します。

Manavi 高校入試問題 長文を選択
(図:2)

③検索を実行すると。画面が切り替わります。
検索結果の各都道府県県の問題の県名付きファィルリストが表示されます(画面左側上の小ウィンドウ内)。
ここでは、 リスト一覧から長崎県をアクティブにします。
すると上述したように長崎県の例では、
中央のウィンドウに「日記や手紙」をテーマにした出題がなされているのをすぐに理解でき、
出題形式・解答形式などの分析が容易になります。したがって観点別・問題内容別・解答形式別に単元末テストの作成も効率よくできるようになります。

単元末テストの作成
(図:3)

④ 問題の表示については、
検索結果の長崎を アクティブにし「お気に入り登録」ボタンでをクリックします。
「お気に入り登録」登録を終え、画面右側の自動編集をクリックします。
Wordが起動し、希望の問題がWord上に編集しやすい状態で表示されます。

main menuへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする